視点を変えて良い面を見てみよう

二人の囚人が鉄格子から外を眺めた。
 一人は泥を見た。
 一人は星を見た。

フレデリック・ラングブリッジというアイルランドの作家が書いた
「不滅の詩」という本の中にある言葉だそうです。

同じ境遇でも、見方が違うと、感じることも変るというお話だと思います。
星を見ながら生きていく人は希望を感じ、
泥を見ながら生きていく人は絶望を感じているのかもしれません。

辛いことや大変なことは誰にでも起こるのですが、
それをどう見るか、どう感じるかで、その後が全く変わります。

大変なことが起こったら、
まず、受け止める。
そして、良い方へ視点を変える。
改めて感じた言葉でした。

 

『自分を見つめ直して自信を持ち、しっかりとした自分を創ることによって
リーダーとして成長する方法』

限定メールマガジン【自分設定法☆通信】と題して、特別にお届けしていきます。
☆ご登録(無料)はこちらから ⇒



合わせて読みたい記事

お知らせ