経営者が決断する時に必要なもの?

経営者は決断する場面が多いですよね。

経営者はたくさんの選択肢に囲まれて日々過ごし、後ろには誰もいないので、
最後には自分で決めて責任を取る人ということになります。

以前「決めて断つことが重要」と書きましたが、
決断することが多い経営者は、常に選択肢の中から決めて断っているわけですね。

この決断にはどんな必要条件があるでしょうか?

皆さんは決断する時、どんな力を使っていると思いますか?

それは、「判断基準をしっかり持っている」ということではないかと思います。

選択肢がたくさんある状態で、この判断基準に照らし合わせて吟味します。

そして取捨選択という決断。

残った1つに対して、今度は、「やるか、やらないか」という決断をするわけです。

全ての決断時に必要なのは、企業としての判断基準です。

これを企業としてしっかりと定めていないと、
いざ決断する時に迷ったり、行き当たりばったりの結果を選ぶことにになります。

これが『経営理念』です。

経営理念って壁に掲げる象徴のようなものじゃないのですか?

と言う方もおられます。

しかし、私は、おかざりのようなものではなく、
・実際に判断基準として使え、
・皆が目指す場所がわかり、
・働いている意義のわかるものでなくてはいけないと思っています。

決断の時の判断基準を考えてみてください。

それがあなたの会社の経営理念につながっていくと私は思います。

経営者として行動するコツ、気をつけておきたい考え方をもっと身に付けたいなと思う方は以下を登録してみてくださいね。

━━━━━━━━ ●お勧めマガジン ━━━━━━━━

【自分設定法☆通信】登録無料 http://mc-keiei.co.jp/gentei/

今のあなたに役に立つと思います。




合わせて読みたい記事

お知らせ