業務内容業務内容BUSINESS OUTLINE

経営者コーチング

経営者の理念・ビジョン策定、目標達成に特に効果があります。一人で行うよりも、早く高い目標が達成できます

経営者コーチングについてはこちらをご覧ください→ 
http://www.creo-coach.com/top-coaching/

ダイバーシティ、女性活躍推進プロジェクト

御社の方向性、状況に合わせてしっかりとヒアリングし、最適なプランをご提案します!

プロジェクト例はこちらをご覧ください→ http://www.creo-coach.com/service/example/

研修

プロジェクトの中で、あるいは研修単独でも承ります。

主な研修テーマ

  • ● アサーティブ・コミュニケーション(相手に伝えたいことを受け取りやすく伝えるコミュニケーション)
  • ● 共感、承認スキル(リーダー・管理職に必須なコミュニケーションスキルです)
  • ● 引き出す質問スキル(リーダー・管理職、営業職に必須なコミュニケーションスキルです)
  • ● 女性リーダーのためのキャリア研修
  • ● 管理職向けダイバーシティ研修
  • ● アンコンシャス・バイアス(無意識にやってしまっている思い込みがダイバーシティ推進の壁になっています)

どの研修もワークを取り入れた実践的な内容です。各テーマは組み合わせも可能です

具体的な研修例

1.理想的な未来を実現する 働き方改革(ワークライフバランス)研修

◆ 対象者
  •  ● 管理職の方
  •  ● 管理職とその部下
 
◆ 受講される方・研修担当者様が抱える課題
  •  ● 仕事を抱え込み、上手に周りに任せられない方
  •  ● 部下の残業カットで、自分で仕事を引き受けてしまっている管理職の方
  •  ● ワークライフバランスを実行できない方

◆ 研修のポイント
  •  ● 働き方改革が進む組織で、自分の働く意識を変えて充実したワークライフバランスを考えられるようになります
  •  ● 上手に仲間、部下に仕事を依頼できるようになります
  •  ● 承認力、共感力、交渉力が身につきます
  •  ● 一人ひとりの働き方を尊重しながら、チームをまとめていく力を養います

◆ 研修プログラム例
 
NO 内容 方法
働き方改革など現在の情勢を知る
 1)働き方改革とは何か?自分達に求められていることを考える
 2)働かせ方改革ではなく、働く人自らの意志で改革していくには?

講義
現在の業務を見直す
  1)時間内に仕事が終われるか?残業ありきになっていないか?
  2)自分の所属する組織の仕事を考える。重複していることは無いか?効率化できないか?
  3)様々な働き方を受け止め、活かしあうには何が必要か?
講義
ワーク
巻き込み力・感情コントロール力、交渉力をつける
  1)コーチングで(承認・共感・質問力)、関係性を作り、仲間を増やす
  2)「伝えにくいことを気持ちよく伝える」アサーションを身につける
  3)感情をコントロールし、上手に仲間を巻き込む方法を考える
  4)事例で考える ・意見を言ってくれない指示待ち部下を上手に巻き込み、自発的に動くように育成するには?   ・自分の指示通りに動かないとイライラする上司に、どう対応したらいいか?
講義
ワーク
ロープレ
自分の未来を考える
  1)ワークライフバランスを含めた3年後のありたい姿を考える
  2)過去の経験、培った力を書き出し、自己を再認識する
  3)3年後の自分の理想的な働き方は?
講義
ワーク
未来を叶えるために、これからやるべきこと
  1)未来のありたい姿と現在とのギャップを埋める課題とは?
  2)課題を現実的にする周りへの働きかけ、チームとしてどうなっていたいか?
  3)自分が今後できることを一人ひとりコミットメント

ワーク
本日の研修の振り返り
  1)まとめ
  2)質疑応答
  3)アンケート記入

2.次期リーダーになってもらいたい女性社員への
女性活躍推進研修~あなたならではのリーダー像

◆ 対象者
  •  ● 管理職、リーダー職になってほしい女性社員の方
  •   ※入社後数年目女性社員への一斉受講もお勧めします

◆ 受講される方・研修担当者様が抱える課題
  •  ● 与えられた仕事をきちんとこなすことには自負があるが、リーダーとして自分がやっていけるという自信はない
  •  ● 見本となる女性管理職が身近におらず、男性上司のように振る舞えるとは思えない
  •  ● やっぱり女性はというバイアスが根強い組織で、女性活躍推進が進まない
  •  ● 研修担当者は、上記のような女性社員にどうキャリアアップしてもらったらいいか方法がわからない

◆ 研修のポイント
  •  ● 自分の強み、自分がやってきたこと、培った力への自信が持てるようになります
  •  ● 「女性だから」といったバイアスを外し、広い視点で考えられるようになります
  •  ● 自分だけを考えて行動する思考から、チーム、会社など大きな組織でどう貢献できるか考える思考が身につきます
  •  ● 世の中の情勢を伝え、自分たちに期待されている状況を客観的に把握できる内容になっています

◆ 研修プログラム例
 
NO 内容 方法
世の中の状況、情勢を理解し、自分の置かれている立場を客観的に観る
 1)自分を取り巻く現状と、働きやすさ、働きがいを考える
 2)なぜ女性活躍推進・ダイバーシティ推進なのか?
 3)現在の組織の方向性と自分の状況を考える

講義
自分のキャリアの未来を考える
  1)少し先の目標を描く 未来から観る現在の自分は?
  2)今までの経験、培ったことを改めて見える化し、自己肯定感をアップする
  3)ほめる、ほめられるワーク
  4)自分ならではのリーダーシップとは?
講義
ワーク
リーダーに必要な力と自分でもできるという思考へマインドチェンジ
  1)気持ちの良い交渉力であるアサーションを使えるようになる
  2)承認・共感・質問力で、巻き込み力を身につける
  3)思い込み(バイアス)に気づく発想力を鍛える
  4)育児・介護との両立時でもリーダーとして活躍するためには?
講義
ワーク
働きがい、働きやすさとは
  1)ワークライフバランスとは?
  2)自分のいる組織の現状は?ワークライフバランスの視点から考える
  3)あなたにとって働きがいとは?働きやすさとは?自分都合で考える
  4)自分都合をチームに必要なことに変化させるためには?チーム思考で考える
講義
ワーク
自分の未来を達成するために課題を具体的に考える
  1)今後何をするのか、グループで聴きあい、フィードバックしあう
ワーク
本日の研修の振り返り
  1)まとめ
  2)質疑応答
  3)アンケート記入

お知らせ