想い・ビジョン

PHILOSOPHY

想い

 

女性活躍推進の行動計画を立てた企業へ

やってはみたが、うまく進んでいないのではないですか?

女性社員から、「今でも頑張っているのにもっと頑張れと言うのか?」

「リーダーにはなりたくない」

「性別関係ないと思っているのに、女性のためのが頭に付くものには参加したくない」

管理職から、「女性の部下のマネジメントが良くわからない」

男性社員から、「女性ばかり優遇していないか?」

といった声が聞こえてきて、計画が途中で止まっているという例もあります。

先行き不透明な今、女性がいきいきと働けていない企業に未来はありません。

あなたの組織を持続的にするために、一緒に考えていきましょう!

大きな会社から数人でやっている会社まで、研修やコーチングで関わってきました。

大企業は、社員研修や勉強会など情報を得る機会が多く、知識も豊富な方がたくさんいます。

一方中小企業の社員は、現場で学ぶ技術的な知恵や知識が豊富ですが、比べると研修を受ける機会が少ない現実があります。

何年か女性活躍推進の仕事をやってきて、この情報の差を何とかできないかと思うようになりました。

 

知らないということは、選択肢が少ないということです。

例えば、子育てしながら営業は無理だと勤めている会社も自身も思っている女性社員。

工夫しながら営業で活躍している女性達の事例を知ると、驚いていました。

 

例えば、自分にはリーダーは無理と思っていた女性社員。

研修を受けて、インポスター症候群のことや、他社の女性でリーダーになった人の話を聞いて

自分でもできるかもしれないと思うようになりました。

 

逆に中小企業では、知恵と工夫を出し合い、乗り越えていく力がすごいことを知っています。

大きな企業に勤めている人は、ここが弱い人も多い。

学生の中には、ダイバーシティ経営をしているのは大企業だけと思っている人がいます。

中小企業での事例を聞いて、そんな会社があるんですねとびっくりしていました。

こういう情報を届ける必要もあると感じています。

 

情報が還流する橋渡しをし、お互い学び合うという場を創る。

特に地方でがんばっている中小企業の力になりたい。

知らないことを知り、選択肢を増やすと、力強く前へ自律的に進んでいく人の学ぶ力に感動しています。

 

私達は、そういう人達を応援していくべく、活動をしていきます。